人の命を助ける身近な道具~ドクターAED~

コストカットを実現

AEDとポスター

経費精算システムの導入は多くの企業にとって悲願となっています。経費精算を行う事は、どの企業でも必ず必要なこととなります。つまり、経費精算を行わない企業は存在しないのです。ですから、経費精算を効率的に続けることによって、企業経営のコストカットを実現することができるのです。経費精算の担当者を雇用する場合、月々の給料は20万円ほどかかります。しかしながら、経費精算システムの運用は月数万円で行うことが可能なのです。このような意味において、経費精算システムの導入は人件費の削減につながるのです。まずは、自社内の状況を把握し、改善すべきはすぐに改善するようにしてください。それが、競争が激化するビジネス界において生き残る道なのです。

どのようなITシステムでもそのイニシャルコストを気にする経営者はとても多いものです。イニシャルコストが安ければそのシステムについて割安に感じることが多いのです。しかしながら、ITシステムを導入する際にはイニシャルコストではなく、運用費に注意することが必要です。運用費は月々の固定費としてのしかかってきます。ですから、たとえイニシャルコストが安い経費精算システムであっても、月々の運営費が高いのであれば、イニシャルコストの安さは意味をなしません。したがって、システムを導入する際には運用費用も視野に入れて選択するようにしてください。最初の導入費用が安いからといって、そのITシステムに飛びつくと後で後悔することにつながります。